うつ病 食事

うつ病についての論文を探していたら、魚を食べる習慣のある日本は、その習慣のないドイツやカナダに比べて有病率が半分ほどであるという報告がありました。

また、魚に多いとされるEPA、DHAなどが、うつ病の人の脊髄液では低くなっていることは確かなようです。また、神経のシナプスにおいて、このω3脂肪酸が重要な役割を果たしているらしいこともわかっているので、うつ病の人に投与する研究もされていますが、効果があったというデータとなかったというデータが出ています。どうでしょうか。
今、私自身で、これらのサプリメントを飲んでいますが、少し元気になったようにも思います。でも、これはプラセボ効果でしょう。


食事と言えば、何週間か、菜食主義的な食事をさせ、雑食の人や肉食をさせた場合と比較すると、抑うつ傾向が下がるそうです。本当でしょうか。

9月中旬には、私のまとめた「うつ病がよくわかる本」が出版されます。特に心理的サポートや精神療法について詳細に述べています。薬物療法の注意点も述べています。
うつ病には、きわめて精神療法が大切です。ぜひ、目{を通してください。