animakun

アクセスカウンタ

zoom RSS − タイトルなし −

<<   作成日時 : 2016/09/19 13:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

すでに、お知らせしましたが、「実践心理療法」という本がついに出版されました。アマゾンでも買えるようになっています。定価は4200円+税です。かなりボリュームがあります。私の心理療法・精神療法のすべてを語ったつもりですし、私の心理療法とともに歩んだ生きざまも少し語りました。私は、心理療法は哲学的にしてはならないと考える立場です。そして、何かと、その学派の理論が独り歩きして、治療に役立たないが、一見、高尚なことをしていると思うようなセラピストがたくさんいます。そのため、自分や、自分の家族が困ったときに、この人なら、託せるというセラピストが極めて少ないのです。
 とにかく、私の視点は、治療に役立つ治療は何かを探求した人生だったように思います。まだ、完成ではないかもしれませんが(心理療法に完成はないかもしれません) 、現在考えうるベストな方法かと考えています。

以下に、新聞に載る宣伝文を紹介します。

実践 心理療法
―治療に役立つ統合的・症状別アプローチー
筆者は、治療に役立つ心理療法を模索して30年以上の臨床を重ねてきた。その間、精神分析をはじめ広範な学派を学び、どのような考え・どのような技法が、どのような悩み・病態に効果的かを実践的に模索してきた。その集大成が本書で述べられた「病理へのガイダンス」「問題解決的アプローチ」「人生全体を扱うアプローチ」の統合的スリーステップアプローチである。
また、各心理療法の意義に関しても論ずるとともに、不登校・ひきこもり、対人恐怖、強迫性障害、身体醜形障害、うつ病、ヒステリーなど、各疾患に対して最も効果的な治療的アプローチを、実際のケースを例示して、明確に述べている。
 治療に役立つ心理療法を学びたい精神科医・臨床心理士はもちろん、心理療法を学ぼうとする者にも必読書となっている。

 ぜひ、眼を通していただきたいと希望します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

− タイトルなし − animakun/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる